コスパ最強の筋トレアイテム!腹筋ローラー

ダイエットにもなる!最強の健康器具

自宅で出来るエクササイズ!手軽に便利な健康器具を紹介!

腹筋が割れる筋トレアイテム

腹筋ローラーはその名の通り、腹筋を鍛えることのできる健康器具です。使い方によっては、背筋や肩の筋肉なども鍛えることができます。

ただ、使い方が悪いと、腰痛を招くおそれもあります。腹筋を鍛えることで腰痛を治すことができますが、腰が悪くなった後だと難しくなるでしょう。

手軽に使える健康器具ですが、うまく使いこなすにはそうとうな筋肉が必要になります。
腹筋ローラーは効率的に腹筋を鍛えることのできる優れたグッズですが、正しいフォームで利用しないと腰を悪くしますから、転がすときのフォームに気をつけるようにしてください。

利用上の注意としては、腰を反らさずに使うことです。身体をまっすぐ板状にして転がすことで、腰痛になるのを防ぐことができるでしょう。

腹筋ローラーの使い方

床の上にひざをついて、腹筋ローラーを両手で支えてください。その状態から前方へ腹筋ローラーを転がし、転がせるところまで転がしたら手前に戻す。これだけの動作なので、使い方はとてもシンプルです。

初めて使う筋力の弱い人は、腹筋ローラーを手前に戻す際に苦労するかもしれません。遠くに転がすには、そうとうな筋力を必要とします。

この体勢でラクに転がせるようになってきたら、今度は立った状態で転がしましょう。立った状態で転がす方が難易度は高くなります。
身体から腹筋ローラーを遠く離して行えば行うほど、筋トレ効果は高くなります。

腹筋ローラーを利用する際の呼吸方法ですが、前に転がすときに息を吐きます。一番遠い位置で息を止め、お腹に力を入れて息を吸いながら身体を戻します。
運動中に体内に酸素を取り入れるための呼吸は大事ですから、しっかり息を吐ききったら、今度は息を大きく吸い込むようにしてください。

初心者向けのダブルローラー

一般的な腹筋ローラーは、タイヤが一つだけの「シングルローラー」ですが、タイヤが二つ付いている「ダブルローラー」があります。

安定感のあるダブルローラーの方が、初心者向けです。腹筋ローラーは単純な構造の健康器具ですが、複数の種類があり、タイヤの太い輪が大きなものも販売されています。

ローラーが3つ付いているタイプもあり、さらにブレーキ付きであれば、腹筋ローラーが転がりすぎるのを防いでくれます。

ダブルローラーに慣れたらシングルローラーというように、複数の腹筋ローラーを持っていると、自然に筋肉を鍛えることができるのではないでしょうか。